放射線治療を受けるなら|名医に任せると安心

医者

副作用がない

医者

NK療法は自分の中に免疫細胞を活用する療法で、副作用がないというメリットがあります。自分の体の中からNK細胞を取り出して、それを培養して使います。培養されたNK細胞は数が増加します。増加した後に体内に入れて、がん細胞を攻撃します。

»詳しく見る

病院を探す方法

車いすに乗った患者

新しく平野区に住み始めた人にとっては、病院を探すのも一苦労するものですがネット検索をすることによって病院の場所を知ることができるのでお勧めです。健康なうちから平野区にある病院の場所や診療科目を調べてメモをしておくのがいざというときに役立ちます。

»詳しく見る

苦しい治療から解放

医療設備

癌の治療はどれも人間の体に副作用など影響を与えるものが多くなっています。しかし、この治療法に加えて画期的な治療方法が登場しています。免疫療法です。免疫療法はもともと人間の体がもっている免疫力を利用した治療法となります。

»詳しく見る

難易度の高い治療法

経験とノウハウが必要

医者と看護師

放射線治療は癌治療における治療法の一つです。外科手術や抗がん剤治療とともに一般的な治療方法となります。放射線には細胞分裂を抑止する働きがあります。その効果を利用してがん細胞の増殖を阻止することを目的としています。しかし癌細胞は正常な細胞の中で増殖します。そのため常に正常な細胞と隣り合わせになっています。このがん細胞のみに放射線を照射することは難しく、どうしても正常な細胞にも影響が出てくるのです。この影響を最小限にするとがん細胞への効果が薄れ、逆に癌細胞を中心に行うと正常な細胞にも多少影響を及ぼします。放射線治療はこのバランスを見極めるのが非常に難しい治療法なのです。そのため名医と呼ばれる人はこのバランスを上手にとることができる人です。

効果を最大限活用できる

放射線治療は一回だけで行いません。名医は複数回に分けて照射を尾内徐々に癌細胞に効果を及ぼすように設定します。そしてその方法はがん細胞の位置によっても変わります。体表面に近い部分であれば、外部からの照射で十分効果を得ることができますが、内部奥深くであれば外科手術の際に行うなどの工夫も必要です。この感覚は名医の経験とノウハウによって決まります。そのため放射線治療を望むのであれば、放射線科に名医と呼ばれる熟練の医師がいると安心して放射線治療を受けることができます。放射線だけでがん細胞を撲滅することは困難であり、抗がん剤などの薬品も併用して行う事が一般的ですが、副作用などの影響を最小限にとどめつつ行うには、放射線の技量が必要なのです。

Recommended Links

  • 免疫療法

    がんの治療を諦めてしまう前に免疫療法の効果を確認しよう。注目される最新の医療技術で病気を克服できます。
  • がんのクリニック

    がんの治療を諦めなくてもいいのです。免疫細胞治療を検討しているならこちらのクリニックがおすすめですよ!